アバクロを通販で購入する際に気をつけることは?

アバクロの人気が日本でも高まるにつれて、偽物(コピー商品)が数多く出回るようになったのだそうです。
通販でアバクロを購入する際には、写真しか手がかりがないので、よく注意して偽物を買わないように気をつけましょう。


…といっても、どんなものが偽物なのか目安がないと分からないと思うので、調べてみました。


まずは、2006年の秋に発売されたBrooke Down Vestですが、一番見分けやすいのはスナップボタンの模様だそうです。
本物は★マークが6個ですが、偽物は8つついているそうです。
この見分け方は、他のスナップボタンでも応用がきくそうなので覚えておくとよさそうです。


続きを読む

アバクロの公式サイトで通販するときの心構えは?

アバクロの公式サイトで購入すると、もちろん本物のアバクロ製品が届くのですが、少なからずリスクも伴うそうです。
今回は、そのリスクについて調べてみました。


まずは、間違ったカラーの商品が届くことが多いのだそうです。
これは本当に多いのだそうで、間違いを指摘して送り返しても、また違った色のものが送られてくることもあるそうです(笑)。


また、知らないデザインのものが届くこともあるそうです。
これは、けっこうデザインのマイナーチェンジをするのですが、ホームページの写真は初期のままで変えていないために、このようなことが起こるのだそうです。


そして、穴が開いていたり、汚れていたりということも、かなりあるそうです。


続きを読む

アバクロのボトムスのサイズはどのようになっているの?

アメリカ生まれのアバクロ。当然日本とはサイズが違いますよね。
アメリカ人は足が長い…なんて聞きますし。
では、サイズ選びはどのようにしたらいいのでしょうか?
調べたらアバクロのサイズを日本でおなじみのセンチ表記に換算したサイトを見つけました。


アバクロのボトムスのサイズ特徴としては、ヒップサイズに合わせて選ぶと、ウエストが多少余って、ウエストに合わせて選ぶとヒップが多少きつめになるそうです。
ウエストが大きめに作られているということですね。


アバクロのメンズではS、M、L、XLの4種類があります。
ウエストと股下を基準にサイズが決められていて、Sはウエストが74〜79センチ、股下が77センチくらいです。
Mはウエストが79〜84センチ、股下が81センチくらいです。
Lはウエストが84〜89センチ、股下が81センチくらいです。
XLはウエストが89〜94センチ、股下が83センチくらいです。


メンズの他のサイズ表記として、30Rなどという表記の仕方があります。

続きを読む

アバクロの偽物を買わないコツは?

アバクロは日本でも人気のあるブランドです。人気がある分、偽物も数多く出回っているのだとか。
「あの人、アバクロの偽物着てるよ」なんて言われないためにも、本物と偽物の見分け方を、ちゃんと勉強しておきましょう。
今回は、実店舗での偽物の見分け方について調べてみました。


まず、現地買い付けなど、仕入先をきちんと明示されているお店を選びましょう。
表示されていなくても、店員さんに尋ねたらきちんと答えてくれるところにします。なぜなら、卸し問屋経由などという怪しいルートでは、偽物が多いからです。


それから、アバクロの製品にはタグ(紙タグ)がついているのですが、このタグにはロット番号と言われるものがついていて、これによって、商品の管理をしているそうです。

続きを読む

アバクロの特徴は?

アバクロの商品は、Tシャツ、ポロシャツ、パーカー、ダウンジャケット…と数多くありますが、ヴィンテージ加工がされているものが多いです。

ヴィンテージ加工とは、わざとほつれさせたり、洗ったりして新品なんだけれども着古されたような風合いを出す加工のことです。

特にメンズものの商品だと、襟や袖などのほつれがあって、新品だけれども中古品のような加工がされているので、アバクロのことをよく知らない人は不良品だと勘違いする人も多いそうです。


他には、これまたメンズものに多いですが、生地を洗って着古したような感じを出していることも多いです。

メンズのフリースなどはよく、石を入れて洗ってあることもあって(ストーンウォッシュ)、新品だけれども着古されたような味わい深い感じが出ています。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。